カラーアナリストへの道のり
   カラーに興味があるけど、何から学んだら・・・?

    私のアナリストへの遍歴と検定についてお話します

  カラーと言っても、「カラーアナリストとカラーコーディネーター」の所でお話した通り
    と〜っても幅の広い分野です。学びたい分野がはっきりしていればいいのですが、
    まだはっきりしない!取り合えず、カラー全般についてまずは学んでみたい!
    と思う方は、まずは色彩検定(AFT)又はカラーコーディネーター資格の勉強をして
    みるのがいいかも知れません。私はまずAFTから勉強しましたが、今でもその知識
    は役に立っています。



  
色彩検定(AFT)・・・文部省(現:文部科学省)認定の『技能検定』で、現在日本
                で唯一の省庁が認定する色に関する検定試験です。

                試験は6月(2,3級)11月(1,2,3級)の年2回行われます。
                1級は年1回しかなく、2次試験も12月に行われます。

                A・F・Tは1990年からこの『色彩検定』を実施して、
                1994年にはその内容が生涯学習の一環として評価され、
                すでに10年を超える実績があります。
                以前から「感性」だけによるものと見られがちであった
                「色に関する知識や技能」を理論的、系統的に学ぶことで、
                誰もが「理論に裏付けられた色彩の実践的活用能力」を
                身につけることができます。


   
※私もAFTの資格を持っていますが、いいと思った点は1級合格者を対象に、
    上級講座として、「色彩講師養成講座」「カラーデザイナー講座」を実施しています。
    試験で学んだ知識をさらに幅広く学べるだけでなく、実践的なノウハウを学ぶことで、
    カラーの世界で活躍出来る人材を育成しています。


  ★カラーコーディネート検定・・・東京商工会議所が主催する検定で、1995年から開始
                   
された新しい検定試験です。
                            
                試験は6月(2,3級)12月(1,2,3級)の年2回行われます。
                1級は年1回しかなく、2次試験はありません。
                その他、1級は3つの分野に分かれていて


     ●第1分野 ファッション色彩・・・ファッションおよびパーソナルスタイリングの色彩
     ●第2分野 商品色彩・・・商品開発および販売
     ●第3分野 環境色彩・・・建築・環境等の色彩計画

   
   ※つい最近では、カラーコーディネーター検定講師認定制度というものも
    出来たようです。こちらは3日間程の講習です。

       

     そしてここからは、私のカラーアナリストとなるまでの学びの遍歴です。
        参考にしていただけたら嬉しいです♪


                                
 

まず最初に「東京文化教育センター」の通信教育を受講しました。
○東京都渋谷区代々木1−27−13 Tel:03−3320−0621

AFT2,3級、東商カラー3級に対応していました。
確か6ヶ月程の通信だと思いましたが、楽しくて3ヶ月程で修了しました。


   基礎編、応用編のテキストは
   今でもたまに見返しています。
   分かり易く、実践にも役立ちます。

       通信講座が苦手な私でも最後まで
       楽しく受講出来ました!カラーチップの
       切り貼りなども夢中になって取り組みました。




その後、東京教育文化センターのテキストと市販されている成美堂出版の検定問題集(1,200円)で試験勉強!問題集は3回ほど繰り返してやりました。
そして3級、2級と同時に合格!
2級までは独学で充分いけると思いました。



 
試験勉強と同時に長野県カルチャーセンターで主催しているパーソナルカラー・イメージアップ
 講座・12回に参加して、「カラーアナリスト」の存在を知ります。
 先生も夏の穏やかで素敵な先生でした。ここで、「カラーアナリスト」にとても興味を持ちます。





      
その後、子供を出産!
家にいる間に「カラーコーディネーターの仕事がわかる本」やイメージコンサルタントに関する本を沢山
読みました。
そこで、改めて「カラーアナリスト」への思いが強く
なります。
アナリスト養成スクールへ知っている限り資料請求
して検討・・・





   
   どこのスクールの資料を読んでも、納得がいきません・・・
   どこも主観で判断するカラースクールばかり。。。
   そんな時、長野の友人からあるカラースクールを教えてもらいます。
   それが、あの!あの!「カラーミーアシーズン」でした!
   資料を見たときすぐに、ビビビビーッ!これだぁ〜〜〜!!とすぐに決断!
   長野から東京まで半年間、新幹線で通いました。






その後、カラー業界では1番難しいであろう?と言われているカラーミアーシーズン社の認定試験
にも無事合格。

平成15年長野県千曲市にNana Color(ナナカラー)のサロンをオープンしました!

その後、インストラクターの研修にまたまた半年東京へ通い、カラーアナリスト養成スクールを開講。
カラーミーアシーズン専属のインストラクターとしても数年活動をしました。


独学で、東商カラーコーディネーター1級(ファッション色彩)も取得しました。





その後、センセーションカラーセラピー、クロモライトセラピーのティーチャーを取得。
カラーセラピーの分野にも興味を持ち始めました。

某スクールが主催するカラーヒーリング講座を受講。
カラーヒーリング(色彩療法)についても学び始める。
そこで、教材作りにも少し携わりました。

しばらくして、「パステル和アート」と出会います。
         
普段からアート好きな私は、パステルの本とパステルを購入し、趣味でしばらく描いていました。
そこに、友人の友人のご縁でパステル和アートを知り、迷うことなく東京本部の講座を受講。
インストラクターを取得しました。

パステルを描いていると、優しい気持ちになれ、見た人も癒される素晴らしいアートだと実感。
カラーセラピーにも繋がるアートだと感じ、パステル和アート準インストラクター養成講座も
スタートしました。

カラーセラピーの効果もお伝えしながらの+αの講座で、
今までに沢山の方がインストラクターまで取得され、多方面で活躍されています。

その間に第2子を出産。家庭と仕事のバランスを見ながら、自分はどうしたい?を優先しながら
好きなカラーの仕事を続けていきました。

平成23年に、アートコミュニケーターの資格も取得。
さらなる+αの知識をお伝えできるパステル講座になりました。





平成23年、TCカラーセラピーに出会います。

一家に一つある薬箱のように、一家に一セットのカラーボトルを
 〜あなたの愛とともに〜


というキャッチフレーズにビビビッ!ときて、カラーセラピスト養成講座から
マスター講座、トレーナー講座を一気に受講する。

そして、平成23年8月〜TCカラーセラピスト養成クラスをスタート!

    

このセラピーに出逢ったことで、今までのセンセーションやクロモライセラピーの
勉強も無駄ではなかったと感じました。

TCカラーセラピーは様々な可能性を持ったカラーセラピーです。

カラーを普段の生活に取り入れることで、心も体も美しく、豊かになる素晴らしさを
これからもお伝えてしていけたら幸せです。

トップページへ  1つ前に戻る

Copyright(C)2005 NaNaColor. All rights reserved.